相続放棄と相続税 | 相続放棄って相続税に影響でる?

相続放棄と相続税

被相続人がのこした財産は、遺言書に指定がない限りは相続人となった人物が引き継がなければいけません。
しかし相続人にも「権利」があり、引き継ぎたくない財産があれば放棄することができます。
相続する権利を放棄することを「相続放棄」と言います。
そこで相続放棄とはどういうものか、また相続した財産にかかる相続税についても取り上げます。

▼ 目次

相続放棄とはどんな時に?

「財産」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、金銀財宝の類でしょう。
金銀財宝は相続財産に含まれており、どちらかと言えば引き継ぎたい財産です。
でも相続する財産の中には、「引き継ぎたくない財産」も含まれています。
引き継ぎたくない財産となるのが、借金や未払金です。
ちなみに連帯保証人になっていたら、連帯保証人も引き継がなければいけません。
でも引き継ぎたくない財産を無理矢理引き継がせるのは、あまりにも酷な話です。
そこで「相続放棄」です。
相続放棄をすれば「最初から相続人ではない」ということになるので、借金を無理に相続する必要はありません。
相続放棄をすると引き継ぎたい財産も同時に引き継げなくなりますが、負債を背負うことを考えればベストな選択肢と言えます。

ただし相続放棄をしたからとは言え、借金そのものが無くなる訳ではありません。
相続放棄をした人が持っていた相続権が、他の人に移るだけです。
つまり被相続人が生前に借金を背負い込んでいたために相続放棄をすると、今度は別の人が借金を背負うことになります。
なお相続放棄をすると、代襲相続ができなくなります。
父親が相続放棄をすると、子供には1円も財産は行き渡りません。
もし子供に財産を渡すために相続放棄を考えているのなら、遺産分割協議で決めるのがベストです。
相続放棄は一見すると便利な制度ですが、使い方を誤ると大きなトラブルを招いてしまいます。
被相続人の財産に借金が含まれていたら、よく考えた上で判断して下さい。

相続の放棄はどうやってやるの?

相続放棄は、「私は相続放棄をします」と宣言しただけでは相続放棄にはなりません。
家庭裁判所で相続放棄の申述を行い、認められて初めて相続放棄をしたことになります。
申述する家庭裁判所は近くの裁判所ではなく、被相続人が最期に住んでいた住所を管轄する家庭裁判所です。
相続放棄をするために申述書の提出が求められ、放棄する理由についても聞かれるでしょう。
放棄する理由は、「債務過多のため返済が難しいから放棄したい」でも構いません。
余程のことがない限りは、認められるはずです。

相続税について

次に、相続した財産にかかる相続税について取り上げます。
「相続放棄を考えているから相続税は関係ない」とおもわれるかもしれませんが、実は「無関係」とハッキリ断言することはできません。
場合によっては相続放棄をした人にも、相続税の支払い義務が発生するからです。
また「相続税はどうせお金持ちだけの特権。庶民には関係ない」と、おもわれる方もいらっしゃるでしょう。
確かに相続税はお金持ちだけにかかる税金で、庶民には程遠い存在でした。
でも今はお金持ちはもちろん、庶民も深く関わる税金になっています。
相続税の額は、お世辞にも安いとは言えません。
外国でも相続税に該当する税金はあるものの、他の国と比べても日本は桁違いの高さです。

基本的に相続放棄をすると、相続税は0円です。
申告の必要もないので、面倒な手続からも解放されます。
でも相続放棄により相続税の支払い義務から外れたのなら、税務署にきっちり説明しなければいけません。
しかしわざわざ税務署に赴き、「私は相続放棄をしたので税金を支払う必要はないのです」と説明するのは面倒です。
また単に説明を受けただけでは、本当に相続放棄をしたのかどうかは疑わしいです。
そこで登場するのが、相続放棄申述受理証明書です。
相続放棄申述受理証明書は「この人は本当に相続放棄をしました」と、証明する書類です。
相続放棄の申述を行った家庭裁判所で交付してくれるので、手に入れておいて下さい。

みなし相続財産とは

なお相続放棄をしても、相続税がかかる場合があります。
例えば「みなし相続財産」です。
生命保険の保険金を受け取った場合、例え相続放棄をしていたとしても相続税がかかる場合があります。
また未支給年金も財産としての取り扱いになるので、相続税の課税対象となります。
相続税だけではありません。
被相続人と同居しており相続発生後も同じ家に住むのなら、公共料金や家賃も支払う必要があります。
相続放棄をしたからとは言え、何もかも全ての作業から逃れられる訳ではありません。

被相続人に相続財産を上回る借金があれば、相続放棄に踏み切っても良いでしょう。
手続は些か面倒ではあるものの、そこまで難しいものではありません。
相続放棄をすれば基本的に相続税の支払いからも逃れられるので、精神的にも楽になれます。
しかし安易な相続放棄は、トラブルの元になりかねません。
相続放棄に踏み切る前に専門家に相談し、他の相続人との折り合いを考えた上で判断して下さい。

新着情報

限定承認

相続する方法は、主に3つあります。
プラスもマイナスも両方の財産を引き継ぐのが、単純承認です。
プラスもマイナスも全ての財産を拒否するのが、相続放棄です。
そして最後3つ目の相続方法は、限定承認です。
限定承認 の詳細へ

相続放棄した人以外に出る影響

相続放棄をした人は「最初から相続人ではない」ということになり、全ての財産を相続することはできません。
相続財産をどう分け合うかを話し合う遺産分割協議は、相続放棄をした人を除いて進められます。
相続放棄をした人が1人を除いて全員になった場合、相続人は1人になるので、遺産分割協議は必要ありません。
相続放棄した人以外に出る影響 の詳細へ